Flow

1. 取材

実際にお会いして、作家様がどのような作品を作られているのか、取材させていただくことから始めます。可能であれば、制作現場へお伺いさせてください。
このとき作家様ご自身が抱いているWebサイトの構想、目的、対象ユーザー、対象キーワード、必要コンテンツ、サイトイメージのラフなどをお聞きします。

2. 構成案の提示

取材の後日、「構成案」として、Webサイト制作の具体的なコンセプトをまとめた書類を、メールにてお送りいたしますので、入念にご確認ください。
この書類は、これから取り掛かる制作物の内容を、作家様と共有するための大切なものです。共有内容に間違いがなければ、これを基に制作を開始します。

3. 画像と文章の査収

「構成案」の提示後、一定期間内に、作家様の方から文章と写真をご用意していただきます。これが進まないと制作に入れませんので、期日は厳守してください。
パンフレット制作に用いたデータや、ブログのデータでも構いませんが、ここで取り揃えた素材を使ってレイアウトを決めていきます。

4. プロトタイプ制作

TG WEBCODINGでは、静止画見本を基にWebページを構築していく従来の工法ではなく、早急にプロトタイプ(試作)を制作して、実際のブラウザ上でWebページを再現し、確認・修正作業を交互に行い、完成に近づけていく工法を用います。

プロトタイプ制作は何度でもやり直し可能ですが、細部はすぐに作り込みません。まずは、Webページの「動き」を確認していただくことが、複数デバイス対応型の流動的なWebページの構造を築き上げていくための要点です。

プロトタイプの提示後、前金を頂戴いたします。前金をお支払いいただいた時点でご契約開始となり、制作期間を定めます。この制作期間を、作家様都合によって延長されます場合には、追加費用が発生しますのでご注意ください。

5. デザイン・コーディング

プロトタイプによって、場面展開的な構造構成をしっかりとご確認いただけたら、細部のデザインを、作家様との共同作業で一点一点、丁寧に仕上げます。
プロトタイプを基に、作家様のアイデアやデザインを中心に作業を進めます。
公開2週間前の最終調整の段階では、報告・連絡・相談を綿密に行わせていただきますので、ご対応のほど、よろしくお願いいたします。

6. 検証・公開

ドメインを取得していただき、テスト環境でWebサイトの動作検証を行います。
Chrome、Firefox、Safari、Edge、Operaの最新ブラウザを用いて、Windows、Mac、iOS、Androidの各端末で確認作業を行います。
無事、動作検証が終われば、いよいよ公開です。作家様はブログやSNSを通じて、Webサイトの開設を広報してください。